電話代行を利用するメリット

営業に関しては、電話代行のサービスを利用する企業が増えています。


新たな顧客開拓や既存顧客の営業を他社に任せることで、他の事業戦略やサービス開発に人材リソースを割けるのがメリットです。電話代行では、新規顧客の開拓やコールセンター業務、展示会・セミナーへの集客、休眠顧客の掘り起こしを行います。

顧客情報を集め、誰がどんな商品に興味を持っているかを引き出すことで、既存の顧客に対しても新たな営業を検討することもできます。

電話営業を自社で行う場合には、企業経営上、コストや社員の負荷が高くなる傾向があります。



正社員の時間あたりのコストは高いので、営業部門に関しては、業者に委託する方が費用面でコストカットに繋がります。

費用対効果の高い営業を行うことができるのがメリットです。

様々な毎日新聞の情報をまとめました。

電話代行業者は、顧客満足度を向上させるためのノウハウを所有しているところが頼りになります。
商品購入者の傾向から対象顧客のターゲティングを行って、対象者のリストアップをします。商品購入のタイミングを買い替え・契約更新時を狙って営業を掛けるのです。


それ以外のタイミングで営業を掛けると嫌がられる可能性がありますが、買い替え時はベストなタイミングです。


より高品質な商品の提案や新商品情報で、顧客単価を上昇させます。


営業窓口の開拓には、DMやサンプル品、トライアルセットを無料・低価格で案内し、フォローの電話や本商品の営業を行って顧客を広げていきます。